こう見てくるとJackのすごさが分かる。

GaryもBenも皆立派である。

左の表にはまだ現役の方もある(24年もやる人がいる

のだから)のでこの数値は今日現在と言う事です。
Tigerの 270 はすごいと思うが、33年前に 271 を出しているJack 

に驚く。あの頃はスチールのシャフトで、ヘッドはパーシモンでしょう。

すごいの一語です。
このしぶとさは日本人にはないよう気がする。

すさまじい勝負への執念に戦慄を覚える。

Jackが「帝王」と呼ばれるのはよく分かる。

Garyの執念にも感服します。
先ず驚くのが複数回の優勝者の多いことである。

66年の内、41年は複数回数の優勝者である。なんと62%の高率である。

プロ中のプロの戦いでやはり経験が大きな武器であるように思える。
上の実績をグラフで示した。

各年の上下変動はあるがトレンドとして

近似式を求めてみると

    スコア=-(回数*0.1016)+283.33 

と表わされる。

つまりマスターズが始まった頃の283.33の

スコアが年々0.1016改善されてきた事を示

している。素晴らしい記録です。
左がマスターズ66年の記録である。

十年毎の平均ストロークを見てみると

282.0/282.2/281.4/279.0/279.0/278.5/275.7と少しずつ

少なくなっているのが判る。

しかしそれもトレンドとして感じられるようなものである。

下にグラフで近似値を出してみるが、毎年0.1ストローク

改善されている事が分かる。

ハード面の改善の割には少ないように思える。

逆に昔の人は拙い道具で善戦しているとも言えるのでは

ないか?

マスターズ66年の記録

マスターズの記録がゴルフ場のカレンダーに載っていたので少し整理してみた。

1全体の概要

マスターズ記録
回数 年度 優勝者 スコア 10年単位平均
1 1934 Horton Smith 284
2 1935 Gene Sarazen 282
3 1936 Horton Smith 285
4 1937 Byron Nelson 283
5 1938 Henry Picard 285
6 1939 Ralph Guldahl 279
7 1940 Jimmy Demaret 280
8 1941 Craig Wood 280
9 1942 Byron Nelson 280
10 1946 Herman Keiser 282 282.0
11 1947 Jimmy Demaret 281
12 1948 Claude Harmon 279
13 1949 Sam Snead 282
14 1950 Jimmy Demaret 283
15 1951 Ben Horgan 280
16 1952 Sam Snead 286
17 1953 Ben Horgan 274
18 1954 Sam Snead 289
19 1955 Cary Middlecoff 279
20 1956 Jack Burke,Jr 289 282.2
21 1957 Doug Ford 283
22 1958 Arnold Palmer 284
23 1959 Art Wall,Jr 284
24 1960 Arnold Palmer 282
25 1961 Gary Player 280
26 1962 Arnold Palmer 280
27 1963 Jack Niclaus 286
28 1964 Arnold Palmer 276
29 1965 Jack Niclaus 271
30 1966 Jack Niclaus 288 281.4
31 1967 Gay Brewer,Jr 280
32 1968 Bob Goalby 277
33 1969 George Archer 281
34 1970 Billy Casper 279
35 1971 Charles Coody 279
36 1972 Jack Niclaus 286
37 1973 Tommy Aaron 283
38 1974 Gary Player 278
39 1975 Jack Niclaus 276
40 1976 Ray Floyd 271 279.0
41 1977 Tom Watson 276
42 1978 Gary Player 277
43 1979 Fuzzy Zoeller 280
44 1980 Seve Ballesteros 275
45 1981 Tom Watson 280
46 1982 Craig Stadler 284
47 1983 Seve Ballesteros 280
48 1984 Ben Crenshaw 277
49 1985 Bernhard Langer 282
50 1986 Jack Niclaus 279 279.0
51 1987 Larry Mize 285
52 1988 Sandy Lyle 281
53 1989 Nick Faldo 283
54 1990 Nick Faldo 278
55 1991 Ian Woosnam 277
56 1992 Fred Couples 275
57 1993 Bernhard Langer 277
58 1994 Jose-Maria Olazabal 279
59 1995 Ben Crenshaw 274
60 1996 Nick Faldo 276 278.5
61 1997 Tiger Woods 270
62 1998 Mark O'Meara 279
63 1999 Jose-Maria Olazabal 280
64 2000 Vijay Singh 278
65 2001 Tiger Woods 272
66 2002 Tiger Woods 275 275.7



2  優勝スコアのランキング

順位 年度 スコア 氏名
1 1997 270 Tiger Woods
2 1965 271 Jack Niclaus
1976 Ray Floyd
4 2001 272 Tiger Woods
5 1953 274 Ben Horgan
1995 Ben Crenshaw
7 1980 275 Seve Ballesteros
1992 Fred Couples
2002 Tiger Woods
10 1964 276 Arnold Plamer
1977 Tom Watson
1996 Nick Faldo


3 優勝回数のランキング

優勝
回数
名前
6 Jack Niclaus
4 Arnord Palmer
3 Jimmy Demaret
Sam Snead
Gary Player
Nick Faldo
Tiger Woods
2 Horton Smith
Byron Nelson
Ben Horgan
Tom Watson
Seve Ballesteros
Ben Crenshaw
Bernhard Langer
Jore-Mria Olazabal
小計 15人で41勝
1 25人で25勝
合計 40人で66勝


4 連続優勝の記録

氏名 大会回 Jackが連続優勝するまでに29回(32年)掛かってる。

それから25年掛かってNickが出てきた。

その後13年でTigerが現れたのである。
Jack Niclaus 29/30 1965/66
Nick Faldo 53/54 1989/90
Tiger Woods 65/66 2001/02


5 臥薪嘗胆の証明

複数回の優勝者で前回優勝との次回の優勝の間隔年数(何年目か)を調べてみた。物凄いプロの根性を見る気がする。

間隔
(年)
氏名
13 1961 1974 Gary Player
11 1975 1986 Jack Niclaus
1984 1995 Ben Crenshaw
8 1985 1993 Bernhard Langer
7 1940 1947 Jimmy Demaret
6 1966 1972 Jack Niclaus
1990 1996 Nick Faldo
5 1936 1942 Byron Nelson
1994 1999 Jose-Martia Olazabal
4 1974 1978 Gary Player
1977 1981 Tom Watson
1997 2001 Tiger Woods
3 1947 1950 Jimmy Demaret
1949 1952 Sam Snead
1972 1975 Jack Niclaus
1980 1983 Seve Ballesteros
2 1934 1936 Horton Smith
1951 1953 Ben Horgan
1958 1960 Arnold Palmer
1960 1962
1962 1964
1963 1965 Jack Niclaus


6 優勝耐久年数ランキング
最初に優勝した年から最後に優勝した年まで何年あったか?つまりトッププロとしての在位は何年であったか?
いわば耐用年数である。

ランク 名前 年度 年数
1 Jack NIiclaus 1963-1986 24
2 Gary Player 1961-1978 18
3 Ben Crenshaw 1984-1995 12
4 Jimmy Demaret 1940-1950 11
5 Bernhard Langer 1985-1993 9
6 Nick Faldo 1989-1996 8
7 Arnold Palmer 1958-1964 7
8 Byron Nelson 1937-1942 6
Sam Snead 1949-1954 6
Jose−Maria Olazabal 1994-1999 6
11 Tom Watson 1977-1981 5
12 Seve Ballesteros 1980-1983 4