黒虎相撲
(くろこずもう)



平成17年11月3日 
千葉県旭市
の黒虎相撲(くろこずもう)を見に行きました。
これはその時のメモです。


下の目次をクリックして下さい。




旭市の概要

千葉県の北東部に位置し、千葉市から50km圏、また都心から80km圏。
南部は美しい弓状の九十九里浜に面し、
北部には干潟八万石といわれる房総半島屈指の穀倉地帯と
なだらかな丘陵地帯である北総台地が広がっています。

市の中央部を東西に、JR総武本線と国道126号が通り、周辺は市街地として発展しています。

千葉からはJR総武本線で特急で60分、車では1時間半。

平均気温は15℃と温暖な気候です。

 産業では、施設園芸、畜産、稲作、露地野菜など盛んな農業をはじめ、
水産業、商業、工業など、バランス良く成長しています。

 平成17年7月1日、旭市・海上町・飯岡町・干潟町が合併して誕生した旭市は
面積129.91平方キロメートル、
人口7万1千人の東総地域の中核都市として
今後の発展が期待されています。

市の名前の由来

室町幕府滅亡後、
当地を治めていた戦国武将・木曽義昌(朝日将軍・木曽義仲の19代子孫)は善政をしき、
領民に慕われました。

時は過ぎ1852年、京都の歌人・野々口隆正が当地を訪れ

「信濃より いづる旭をしたひ来て 東のくにに 跡とどめけむ」

と、義昌公を偲んだ歌を詠み、これが「旭」の名前の由来となっています。