平成18年9月17日 千葉県富津市の吾妻神社
古くから行われている馬出し祭りが行われました。

言い伝えによると、

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が大和朝廷の命を受けて
東国の蝦夷を鎮めるため、三浦半島走水(はしりみず)(横須賀市)
の海(浦賀水道)から房総へ向かった。

おりしも、にわかに起きた強い西風に舟が危険にさらさた時、
お伴をされていた妃の
弟橘媛(オトタチバヒメノミコト)

海神の心を鎮めんと身代わりとなって海に身を投じ、尊を救った。
その妃の布と櫛がこの町の岩瀬海岸に漂着したが

それを馬が咥えて西大和田村(当地の部落)を通り
走水の海が一望できる吾妻山に一気に駆け上がったと言われている。

この祭りはそれに因んで行われる。





目次

神馬の出立
吾妻神社へ
御輿の出発
仁義引渡し
馬  出  し
御輿お浜へ


富津市のホームページ


川柳と旅と写真のホームページへ戻る